不動産投資セミナーに参加する|スムーズな資産運用で減額された年金を補うことができる

ビル

不動産の投資におけるコツ

案内

工夫の仕方

不動産投資で失敗しないためには、様々な工夫を行う必要があります。まずは立地選びですが、賃貸需要が多い場所をポイントとする必要があります。そのためにできる工夫として、賃貸情報が多く集まる地域を探すことが挙げられます。不動産投資の失敗として、無理な資金計画を立てることもあります。多いケースとして、当初の数年間は金利の低いローンを借りるものがあります。その後に返済金額が増えることになりますが、短期の売却を前提としているとリスクが高まります。そのような場合にも、賃貸需要が多い場所であれば、不動産価値も比較的高いことから、売却も有利な条件で行うことが可能となります。また、部屋の広さによって対象となる世帯も変わることを考慮する必要があります。

これから変わること

不動産市場が回復していることにより、今後は短期での売却を前提とした不動産投資が増えることが予測されます。そこで考えられる失敗は、計画通りに買い手が見つからないというケースです。そのような事態に備えて、資金計画を無理のないようにする必要があります。新築物件の価格が上昇していることからも、中古物件による不動産投資が増えることも予測されます。価格が安く家賃収入の利回りが高いことから人気が高まると考えられます。そこで考えられる失敗としては、リフォームが必要となる物件を購入すると、思わぬ出費がかさむことになることです。特に配水管などの劣化具合はチェックしておくことが大事です。その他修繕が必要となるところを良く調べる必要があります。